橘中佐
作詞:文部省唱歌 作曲:岡野貞一
一、
かばねは積りて 山を築き
血潮は流れて 川をなす
修羅の巷か 向陽寺(しゃおんずい)
雲間をもるる 月青し
二、
「味方は大方 うたれたり
しばらく此処を」と 諌むれど
「恥を思えや つわものよ
死すべき時は 今なるぞ」
三、
「御国の為なり 陸軍の
名誉の為ぞ」と 諭したる
ことが半に 散りはてし
花橘ぞ かぐわしき