飛行展示(捜索救助 U-125A,UH-60J)

U-125A型捜索機,UH-60J型救難機による捜索救助の展示
1.遭難したパイロットが緊急用の発煙筒を使用して捜索機に位置を知らせる

2.会場右手よりU-125A捜索機が遭難したパイロットを発見し

U-125AがUH-60J型救難機を誘導

UH-60J

3.U-125A型捜索機は上空で旋回し、他の航空機の統制や救助機の支援を行う

4.会場右手よりUH-60J型救難機は旋回後救助のためホバリングに移行する

5.パイロットを救助するためロープを下ろす

6.降下した救難員はパイロットを応急手当てする

U-125A型捜索機は上空で旋回し、他の航空機の統制や救助機の支援を行う

降下した救難員がパイロットを機内に収容する

機内に収容されるパイロット

7.パイロットを収容したUH-60J型救難機の中では応急処置を継続しながら基地に帰る

U-125A捜索機も基地に帰る