地上展示(航空自衛隊)
基地防空システム
20mm対空機関砲 VADS-1
低空で侵入する亜音速機を捕捉、迎撃することを主任務とする半自動独立火器システムである。20mmバルカン砲の高速発射性能に加え、リードコンピューティングサイトおよび測距レーだの組み合わせによる見越し角の自動算定機能を備え、命中率の向上、対応時間の短縮を図るとともに射手の負担を軽減している。
(V=Valcan A=Air D=Defense S=System)
短SAM、携帯短SAMとともに基地防空システムを構成

短SAM VADS-1

基地防空概念図

VADS-1 短SAM
81式短距離地対空誘導弾 短SAM
わが国独自の運用構想の下に国内開発された、初の純国産短距離地対空誘導弾である。技術的には、フェイズドアレイ式多機能レーダと空中ロックオン・赤外線パッシブホーミング方式の採用を特徴とし、いわゆる撃ち放しを実現したものであり、諸外国の同クラスのミサイルに比較すると、多目標対処能力、ECCM性、長距離目標捕捉能力の点で特に優れている。
携帯短SAM、20mm対空機関砲とともに基地防空システムを構成